日本スロットとオンラインカジノスロットの違い

オンラインカジノのスロットと日本にあるパチスロの違いについて紹介する。一言で語るのであれば、スケールの大きさ。 パチスロは開店から閉店で設定6の台を打ったからと言って良くて20万円くらい。オンラインカジノのビデオスロットであれば 100万なんて当たり前。それ以上も充分狙える。つまり、オンラインカジノの方がスケールが大きいのである。

ゲーム性はパチスロの方が上である。通常のBIGやREGの当選以外にARTと呼ばれるフリーモードが最近のパチスロにはある。 (これはまさにオンラインカジノのビデオスロットと同じである)これらの当選に向けた、演出が数え切れないほどあるのが 特徴でリールに書かれている絵柄によるリーチ目の存在、大画面でのリーチ演出、役物のアクションなど本当にギャンブラーを 熱くさせる、それがパチスロなのである。 一方、パチスロと比べるオンラインカジノのビデオスロットはそれほどまでゲーム性がない。リーチ目などが公表されていないため 存在するかどうかわからないが、ビッグボーナスに向けた予兆を知らせる機能がパチスロほど無いと言える。シンプルに言えば、 フリースピンをより多く獲得したプレイヤーが最終的に数千ドルもの大金をものにするのである。

違いはスケール、ゲーム性がないビデオスロットが何故高額の賞金を狙えるのか?それはずばり配当と言える。パチスロの場合、 BIG1回で5千円程度に対し、オンラインカジノであれば小役が揃っただけでも数千円を獲得できる。もちろん失うものも大きいが。 ところでオンラインカジノのビデオスロットは設定があるのかどうかについて、未だグレーであるが著書は存在すると確信している。 個人的な見解であるがとあるオンラインカジノ会社でプレイヤーに謝罪をしなくてはいけない環境になってしまった時、 明らかにその期間どんなプレイヤーがビデオスロットをプレイしても大勝している期間があった。 本当のことかわからないが、世界のソフトウェア、日本のパチスロメーカー、考えることは一緒ではなかろうかと思っている。 ビデオスロットのプレイ方針として設定がある前提で戦略を立てられることをおすすめする。